過払い金の計算方法:充当と相殺

0
     今日は残業です。
    ある信販会社との過払い金返還請求訴訟の準備書面を書いていました。

    その訴訟の一番の争点は過払い金の計算方法。
    カードローンと、キャッシングのリボ払いの取引が併存しており、キャッシングの過払い金をカードローンに充当計算できるかどうかが争点になってます。
    金額でいうと当方の計算での過払い金が130万、被告側が30万なので100万円の差があります。

    こんなに差が出るのは、片方の取引で過払い金が発生した瞬間に、もう一つの取引の支払いに当てる(充当する)ので、その時点で元金を減らし、利息の発生を抑えることができるため。

    被告側は、訴訟が始まってから相殺するという計算方法だったので、30万になってしまいます。
    充当計算が認められるかどうか。私は認められると思っているので強気で押してます。

    明後日5回目の期日です。どうなるか。
    ちなみに相手方の弁護士さんは高校の同級生でしたwちょっとやりにくい。


    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    東区白壁の司法書士   スズキのブログ

    おそらく名古屋法務局に最も近い所(700m)で司法書士&行政書士事務所を経営する32歳。総勢4名。不動産登記・会社登記と債務整理が得意。さらに遺言・成年後見部門を強化する計画。愛知中小企業家同友会及び、名古屋市内のロータリークラブに所属。ひつまぶしは名古屋の至宝,と思っている。http://www.shiho-syoshi.jp/

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    Profile

    Selected entries

    Categories

    Archives

    Recommend

    Recommend

    Links

    twitter

    mobile

    qrcode

    Search

    Others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM